・ソ タトゥーを消すことについて

タトゥーを消すことについて

繝舌リ繝シ

タトゥーを消すことについて

タトゥーを入れた人達の多くが、何年か後に、消すことを検討します。

その時はよくても、ドレスを着た時や、プールなどに入る時など、タトゥーが似合わない環境も多くあるからです。
美容整形外科などでは、タトゥーを消す施術をしてくれます。しかし多くの場合、タトゥーが薄くなる程度で終わります。
何年か経過をしても、消すということは不可能な場合が多くなっています。


多くの美容整形外科では、そのあたりのことを説明してくれます。タトゥーは、表皮の一番下の、基底層という部分よりも、さらに深い部位である真皮層にまで墨を入れています。肌の組織が再生されるのは、基底層からであり、それより深い部分に傷がついた状態であると、その後は傷跡として残ってしまいます。

したがって、後から、全く跡形なく消し去ることは不可能なことになります。



入れ墨を入れるときには、こういったことをよく理解しておくことが大切です。

一生、この形が残るものとして、覚悟をすることが必要です。

不安な場合は、入れ墨は入れないことです。



また、決断をして、入れた場合は、消そうと思うことは避けることです。



どうしても何とか薄くしてほしいと願う場合は、こういった施術で評判のよい皮膚科や美容整形外科で依頼をします。

技術や経験が豊富な医師を選び、削皮を依頼することがよい方法となります。

料金もかなりかかり、目立たなくなるまである程度の期間もかかります。

気長に待つことを認識しておくことも必要です。

Copyright (C) 2015 タトゥーを消すことについて All Rights Reserved.